福岡の川原眼科へ診療するのが初めての方へ

福岡の川原眼科まごころと安心の眼科治療

コラム一覧|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科なら「川原眼科」

文字サイズ

TEL 092-409-5090
AM 9:00~12:30 / PM 14:00~17:30(受付)
木 AM 9:00~12:30 / PM 14:00~17:00(受付)
土 9:00~12:30(受付) 日祝休
川原眼科(本院)
福岡県糟屋郡粕屋町仲原2526-9
久山クリニック
福岡県糟屋郡久山町山田1169-1 トリアスモール内

福岡の川原眼科予約不要

福岡の川原眼科のmenu

医院コラム

眼鏡屋さんで、眼科受診を勧められるとき

眼鏡屋さんで、眼科受診を勧められるとき

 

 

眼鏡を作るため、眼鏡屋さんに行ったけれども、

「メガネを作成せず、眼科受診するように勧められる」ことがあります。

これはどういうことなのでしょうか?

その疑問にお答えしたいと思います。

 

 

理由は「メガネをかけても視力が出ない」からです。

 

 

眼鏡店で視力検査を行い、眼鏡の視力が上がらない場合は、眼科受診を勧められます。

これは、目の中に視力がでにくい病気が隠れている可能性があるからです。

健康な目の場合には、眼鏡をかければ、眼鏡の視力(矯正視力)は上がりますが、

目に病気がある場合には、どんなに高価で、分厚い眼鏡をかけても、視力が出にくいのです。

そのような場合には、眼科で視力低下の原因となっている病気を特定し、それに対する治療を行います。

 

当院でも、コンタクトレンズや眼鏡処方箋目的で来られた患者さんで、矯正視力が上がらず、調べると白内障が見つかったケースが数例あります。

ご本人は「てっきり眼鏡を変えると見える」と、思っていたため少し驚かれるのですが、

白内障手術を受けられ、視力が回復すると、満足されることが多いです。

 

「最近目が見えにくいなあ?メガネが合わなくなったのかな?」

そう思われる場合には、眼科を受診し、視力検査やご自身の眼鏡視力を測定してもらうと良いでしょう。

そうすれば、【眼鏡があっていないのか?目の病気が原因なのか?】がわかり、対応することができます。

 

 

 

当院は結膜炎、糖尿病網膜症、緑内障、白内障などの一般診療も行っています。

目のことで気になることがございましたら、久山町にある川原眼科 久山クリニックにご相談ください。

 

 

院長 末廣

 

 

久山の眼科なら川原眼科久山クリニックへ

コストコがあるトリアス久山にあります

平日は18時半まで

土日祝日も診療しております 🤗

戻る

Copyright © 2016 iMEDICAL.

pagetop