福岡の川原眼科へ診療するのが初めての方へ

福岡の川原眼科まごころと安心の眼科治療

コラム一覧|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科なら「川原眼科」

文字サイズ

TEL 092-409-5090
AM 9:00~12:30 / PM 14:00~17:30(受付)
木 AM 9:00~12:30 / PM 14:00~17:00(受付)
土 9:00~12:30(受付) 日祝休
川原眼科(本院)
福岡県糟屋郡粕屋町仲原2526-9
久山クリニック
福岡県糟屋郡久山町山田1169-1 トリアスモール内

福岡の川原眼科予約不要

福岡の川原眼科のmenu

医院コラム

シニアの方のコンタクトレンズの取り扱いについて

シニアの方のコンタクトレンズの取り扱いについて

 

コンタクトレンズが登場してから、40年以上が経ちました。

それに伴い、コンタクトレンズ使用歴が長い方が増えてきています。

 

 

コンタクトレンズ使用者の低年齢化の一方で、シニアの方のコンタクトレンズ使用も増えており、当院でも70代のコンタクトレンズユーザーの方がいらっしゃいます。

 

「コンタクトレンズは何歳まで使用可能なのか?」という質問もありましたので、私の意見をお答えしたいと思います。

コンタクトレンズの着脱を自分で安全に行えることや、ケアが行えること」が、重要だと考えています。

 

つまり、それがしっかりできている間は使用しても良いと考えていますが、

逆に言えば、それができていない方は、若い方でも使用を控えた方がよいと思っています。

年齢ではなく、コンタクトレンズの管理が十分できているかが、ポイントと考えています。

 

また、シニアの方でコンタクトレンズを続けている方の多くは

コンタクトレンズをやめたいが、近視が強いので眼鏡が合わない、コンタクトレンズでないと困る」と言われ方が多い印象です。

 

それを、解消する1つの手段としては、

白内障があれば、白内障手術を検討されると良いと思います。

白内障手術により、白内障をとるだけでなく、屈折(近視、遠視、乱視)も減らすができるからです。

強度近視の方であれば、手術後に近視を減らすことができ、それによって眼鏡もかけやすくなります。

しかし、その方の目の状況によって異なり場合もありますので、お困りであれば一度眼科で相談されるのが良いと思います。

お困りであれば、お気軽にご相談ください。

 

 

当院は結膜炎、糖尿病網膜症、緑内障、白内障などの一般診療も行っています。

目のことで気になることがございましたら、久山町にある川原眼科 久山クリニックにご相談ください。

 

 

院長 末廣

 

 

久山の眼科なら川原眼科久山クリニックへ

コストコがあるトリアス久山にあります

平日は18時半まで

土日祝日も診療しております 🤗

戻る

Copyright © 2016 iMEDICAL.

pagetop