福岡の川原眼科|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科

福岡の川原眼科へ診療するのが初めての方へ

福岡の川原眼科まごころと安心の眼科治療

コラム一覧|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科なら「川原眼科」

文字サイズ

TEL 092-409-5090
AM 9:00~12:30 / PM 14:00~17:30(受付)
木 AM 9:00〜13:30 / PM 14:00〜17:00(受付)
土 9:00~12:30(受付) 日祝休
川原眼科(本院)
福岡県糟屋郡粕屋町仲原2526-9
久山クリニック
福岡県糟屋郡久山町山田1169-1 トリアスモール内

福岡の川原眼科予約不要

福岡の川原眼科のmenu

医院コラム

VDT症候群について

こんにちは。視能訓練士の藤原です。

 

今回は「VDT症候群」についてお話させて頂きます。

 

なかなか、聞きなじみのない言葉かと思います。

 

“Visual Display Terminal Syndrome(ヴィジュアル・ディスプレイ・ターミナル症候群)”の略で、パソコンのディスプレイなどの表示機器を使用した作業(VDT作業とも言う)を長時間続ける事により、眼や身体、心に生じる健康障害の総称を言います。

別名で、”IT眼症”とも言われています。

 

現在の私たちの生活は、パソコン、スマートフォン、タブレット端末など様々な表示機器(VDT)に囲まれています。これらの機器を長時間使う事によって、起こるのがこの病気です。

 

私も仕事で、パソコンを使っての電子カルテの入力などの作業も多く、眼の疲れを実感しています。

 

 

では、具体的にどのような症状が出るかというと、

 

眼では、ドライアイ、充血、視力低下、眼精疲労、眼の痛みなど。

 

身体では、頭痛、首、腰、肩のこり、だるさ、痛み、慢性化すると背中の痛み、手指のしびれなど。

 

心の症状 - 食欲減退、イライラ、不安感、抑うつ症状など。

 

がありますが、VDT作業における身体的な疲労や症状がある人の90.8%が、眼精疲労、目の痛みを感じると回答しています。(厚生労働省 平成20年技術革新と労働環境による実態調査より)

 

VDT症候群は眼の症状から始まると言っても過言ではないかと思います。

 

眼精疲労とは、何らかの原因があって眼の疲れが慢性化された事を言います。

 

VDT作業などを集中してすると、瞬きが減り、ドライアイが起こります。

またパソコンのディスプレイを視線より高く設置すると、白目、黒目の露出が大きくなり、ドライアイが起こりやすくなります。ドライアイは眼精疲労の原因のひとつです。

 

VDT作業などの近い距離を見て行う作業は、調節力といって、ディスプレイに焦点を合わせるために眼の筋肉を使っています。長時間のVDT作業は、重い荷物を持ち続けると疲れるのと同じで、眼の筋肉が疲れ、眼精疲労の原因になります。

 

近視や遠視、乱視がある方も、度数の合っていない眼鏡やコンタクトレンズを使っていると焦点が合わず、眼精疲労の原因となります。

 

このように原因はさまざまですが、気になる症状がある方はご相談いただければ、眼に関する症状は解決できるかと思います。

 

厚生労働省が「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を制定しています。その中の眼科学的検査の全項目、視力検査、屈折検査、調節機能検査、眼位検査は当院で行う事が出来ます。

 

皆さまの眼の健康を守るお手伝いができれば幸いです。

 

併設している、シティコンタクトさんでは、たくさんの種類のコンタクトレンズがあります。

その中から、症状に合うレンズをスタッフが丁寧に勧めてくれます。眼鏡も取り扱っています。VDT作業に適したレンズもご案内出来ます。

 

上記イラストは、VDT作業時における理想のスタイルです。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

眼の事でお困りの事があれば、川原眼科久山クリニックへご相談下さいませ。

 

久山町を中心に、篠栗町、新宮町、東区青葉、みどりが丘、名子、蒲田、また古賀市、福津市からもご受診いただいております。

戻る

Copyright © 2016 iMEDICAL.

pagetop