福岡の川原眼科|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科

福岡の川原眼科へ診療するのが初めての方へ

福岡の川原眼科まごころと安心の眼科治療

コラム一覧|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科なら「川原眼科」

文字サイズ

TEL 092-409-5090
AM 9:00~12:30 / PM 14:00~17:30(受付)
木 AM 9:00~13:30 / PM 14:00~17:00(受付)
土 9:00~12:30(受付) 日祝休
川原眼科(本院)
福岡県糟屋郡粕屋町仲原2526-9
久山クリニック
福岡県糟屋郡久山町山田1169-1 トリアスモール内

福岡の川原眼科予約不要

福岡の川原眼科のmenu

医院コラム

おすすめです。

受付はらだです。

田んぼに稲穂が見えるようになってきました!

5月頃、麦の収穫を行なっていたところに植えられた稲はまだまだですが(←二毛作。で合ってますか?)、場所によっては、もう稲穂が見えるものも。

 

台風の影響がないように祈るばかりです。

 

先日、NHK「ためしてガッテン」でドライアイの改善に効果的な簡単ケアが紹介されていました。

 

ドライアイには、①涙が少ないタイプ と、②油が少ないタイプ があり、油がしっかりあると、コーティングされて涙が目にとどまってくれるので、目の乾きが抑えられるそうです。

この「油の供給」がうまくいくようにしてやることで、目の乾きが改善するそうです!

 

まぶたのフチには、「マイボーム腺」という、目に「油を供給する出口」が並んでいます。

私たちは1日に15,000回くらいまばたきをしていますが、その「まばたき」の動きによって上のまぶたと下のまぶたがくっついて、油が出てくる、という仕組みになっているそうです。

そのため、読書やパソコンの使用などでまばたきの回数が減ると、油の量が減り、眼の乾きを感じやすくなるそうです。

加齢や、コンタクトレンズの使用、油っぽい食事、などが原因でもマイボーム腺は詰まりやすくなるそうですよ。

 

その詰まりを改善するために、「温かいタオルで目を温める」ケアが紹介されていました。

①50℃くらいのお湯にタオルをひたして(熱いのでゴム手袋を使用)、さっとしぼる

②①のタオルをポリ袋に入れて、その上から薄手のタオルに包んで、目に当てる

以上を、最低5分間、1日2回行ないます。

 

まぶたに炎症症状があるときはできませんのでご注意を!

 

私は、温かいお湯を用意するのが手間なので、絞ったハンドタオルをレンジで温めて実践しています。1日2回はなかなか難しいですが、それでも目や頭がスッキリしてとても気持ちよいのでオススメです。

 

《来院されるみなさまへ》

現在トリアスモールでは、建物屋根の工事を行なっているため、大きな音などでご迷惑をおかけすることがあるかと存じます。

工事期間は9月10日くらいまでの予定です。何卒ご了承くださいませ。

 

《休診のお知らせ》

川原眼科久山クリニックは、9月16日(水)~18(金)の間、休診させていただきます。

なお、19日土曜日からの連休は、土曜は通常通り、それ以降は日祝日の診療時間(午後17時半まで)で開院しております。眼鏡やコンタクトレンズご希望の場合は受付終了時刻が異なりますので、お問い合わせください。

 

 

戻る

Copyright © 2016 iMEDICAL.

pagetop