ものもらい👀|福岡の川原眼科

福岡の川原眼科まごころと安心の眼科治療

ものもらい👀|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科なら「川原眼科」

文字サイズ

TEL 092-409-5090
AM 09:00~12:30 /PM 14:00~17:30(受付)
土 9:00~12:30(受付) 日祝休
川原眼科(本院)
福岡県糟屋郡粕屋町仲原2526-9
久山クリニック
福岡県糟屋郡久山町山田1169-1 トリアスモール内

福岡の川原眼科予約不要

福岡の川原眼科へのお問い合わせはこちら

福岡の川原眼科のmenu

医院コラム

ものもらい👀

はじめまして!

10月から勤務させていただいています、受付の大北です。

以前は営業職をしていました。医療に関わる仕事は初めてで覚える事だらけですが、

少しずつ慣れてきました。至らない点もあると思いますが宜しくお願いいたします。

 

今流行しているコロナウイルスですが、当院でも対策をしております。

来院時には皆さんにマスクの着用をお願いしております。入口にはアルコール消毒も設置していますので中に入られる際には消毒をお願いいたします。

 

今回はものもらいについて紹介します!

ものもらいも2種類あり、麦粒腫・霰粒腫があります。

麦粒腫:菌による炎症が原因となるもの。 

     抗菌薬の点眼や内服での治療になります。

 

霰粒腫:まぶたの際にある油がでる箇所、マイボーム腺のつまりが原因。

点眼や軟膏では治りにくいので基本は切開になりますが、子供さんでの切開は危ないので点眼や軟膏で治療していくしかありません。

*目をホットアイマスクなどであたためてあげるとマイボーム腺が詰まりにくくなるのでお勧めです*

 

なにかお困りのことがありましたら、川原眼科へお越しください♬

 

*GW休診のお知らせ*

当院は4/29(水)~5/6(水)まで休診となります😊

 

久山クリニックは診察を行っております!<4/30(木)のみ休診>

休診の間、何かお困りでしたら久山クリニックへ受診お願いします☆彡

戻る

Copyright © 2016 iMEDICAL.

pagetop