福岡の川原眼科へ診療するのが初めての方へ

福岡の川原眼科まごころと安心の眼科治療

日帰り白内障手術|福岡で白内障・網膜硝子体の手術・治療が得意な眼科なら「川原眼科」

文字サイズ

TEL 092-409-5090
AM 9:00~12:30 / PM 14:00~17:30(受付)
木 AM 9:00〜13:30 / PM 14:00〜17:00(受付)
土 9:00~12:30(受付) 日祝休
川原眼科(本院)
福岡県糟屋郡粕屋町仲原2526-9
久山クリニック
福岡県糟屋郡久山町山田1169-1 トリアスモール内

福岡の川原眼科予約不要

福岡の川原眼科へのお問い合わせはこちら

福岡の川原眼科のmenu

日帰り白内障手術

  1. ホーム > 
  2. 日帰り白内障手術

福岡で白内障の治療なら川原眼科へ

こちらのページでは、白内障の症状や治療法、眼内レンズの種類についてご説明します。眼が眩しい、眼が疲れる、人の顔がぼんやりかすんで見える、メガネを使ってもはっきり見えなくなってきた……このような症状があるようでしたら、白内障かもしれません。

白内障とは

白内障とは

瞳の奥にある「水晶体」というレンズの役割を果たす組織が濁るために見えにくくなる病気です。

白内障の原因

白内障の原因

水晶体を構成するタンパク質が変質し濁りを生じます。原因の多くは「加齢」に伴うものですが、外傷やステロイドなどの薬剤性、糖尿病などの全身疾患、アトピーなどが原因になることもあります。

白内障の原因

白内障の症状

白内障の自覚症状には、だぶって見える、目のかすみ、メガネが合わなくなった、眩しい、活字を読むのに疲れを感じる、といったものがあります。多くはゆっくり進行するため急に見えなくなって困ることはありませんが、極端に進行すると、明るさくらいしかわからなくなることもあります。

白内障の治療

60歳未満の初期の白内障であれば、点眼で進行を遅らせることができます。しかし、すでにかすみや視力低下などの症状がでてしまった人には手術しか治す方法はありません。

白内障手術

濁った水晶体を超音波で砕いて吸い取り、代わりに透明の眼内レンズを挿入します。

麻酔:局所麻酔
時間:10分程度

川原眼科の白内障手術の特長

① より十分な麻酔
通常は点眼麻酔だけの眼科がほとんどですが、当院ではより痛みがないように「前房麻酔」と「笑気麻酔」を併用しています。

② 術後に眼帯はしません
極小切開白内障手術を行っているため手術後には眼帯をする必要がなく、片眼だけにならないため段差が見えにくくて転ぶなどの危険がありません。

③ 早期回復、高い感染予防
眼帯をしないことから、術後早期から点眼をすることができます。そのため炎症がおさまるのも早く、感染も早期から予防できます。

④ 乱視もしっかり矯正
挿入する眼内レンズには保険適応で乱視矯正機能がついたものがあります。当院では術後の「見え方の質」にこだわっているため乱視もしっかり矯正できる眼内レンズを選択しています。

⑤ 豊富な多焦点眼内レンズを用いた手術実績(老眼・老視治療)
2019年の多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は227件と多くの経験があり自信をもって行っています。

白内障手術では何をするの?

眼内レンズの選択
白内障手術で目の中に挿入する眼内レンズはご自身のライフスタイルに合わせて選ぶことが重要です。お仕事や趣味の内容、車の運転の有無、メガネをかけたいかかけたくないか、など一人一人のご希望に沿うような眼内レンズをご提案します。近年では、老眼治療を兼ねた多焦点眼内レンズを選ばれる方が非常に増えています。

焦点眼内レンズ
遠くか近くかのどちらかにだけピントが合うレンズで健康保険適用の手術です。
遠くにピントを合わせた場合、遠くは裸眼で見えますが(テレビ、運転)、近くを見るには老眼鏡が必要です。

眼内レンズの選択

近くにピントを合わせた場合、新聞や本などは裸眼で見ることができますが、それ以外では常時メガネをかけておく必要があります。

眼内レンズの選択

*乱視のある方・・・当院では乱視のある方には乱視の矯正も可能な眼内レンズを入れています。乱視矯正の眼内レンズでも費用は変わりません。

焦点眼内レンズ(老眼・老視治療)
遠遠くと近くの両方にピントが合うレンズです。生活のほとんどの場面でメガネを使わないで済みます。裁縫、ゴルフのスコア記入、読書、パソコンなどのために老眼鏡を持ち歩く必要はありません。多焦点眼内レンズにも特徴によっていくつかの種類があります。生活スタイルにあわせてどのレンズが最も適しているのか一緒に考えていきます。多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は健康保険が適応になりません。当院での多焦点眼内レンズを用いた手術は自費治療となります。

眼内レンズの選択

白内障の診療はお早めに

一般的に、白内障はゆっくり進行するため、見えにくい状態に慣れてきますので、ご自身でもそれと判断するのは難しい病気です。しかしステージが進んでも、完全に失明してしまうことはほとんどありません。また、片方の眼が白内障で見えづらくなっても、もう一方の健康な眼と一緒に見ているためになんとなく生活は続けられます。さらに痛みなどの症状もないために放置されることが多いようです。
白内障は手遅れということはほとんどありません。しかし、進行した白内障になると、手術時間もかかり、視力の回復にも時間を要することもあるため、早めの治療が望ましいです。

白内障の診療はお早めに

白内障そのものは、全身に悪影響を及ぼすような大きな病気ではありませんが、見えにくくなると転びやすくなったり、自動車の運転や日常生活で支障をきたしたりすることも考えられます。また、最近の研究では、白内障手術は、認知症の予防効果があると分かっています。白内障の手術では、患者様のお仕事、年齢やライフスタイルなどを考慮して適切な時期に行います。まずは手遅れにならないよう、気になる症状があればお早めに受診ください。

福岡の「川原眼科」は白内障や網膜硝子体疾患の手術など専門的な治療を得意としています。2016年にオープンし、今では地元のみならず福岡県内や近隣の皆様の眼のお悩みにお応えしています。

福岡の川原眼科は、診療予約なしで診察を受けていただけます。ご不明点があれば、お電話やお問い合わせフォームからも承っております。お気軽にご相談ください。

Copyright © 2016 iMEDICAL.

pagetop